焦らない

最初、彼と出会ったのは
私の女友達が彼と仲が良かったことに始まります。
彼女と私は、前々から仲が良く
彼の名前を聞いていたのですが、話をするのは初めてでした。
よく言えば生真面目な人だったのですが
物静かで、何を話しかけても反応が薄いということもあって
「私とはタイプが違っていて、話が上手くかみ合わないのかもしれない」
なんて考えたこともありました(苦笑)
ある程度の時間が過ぎて、2人はそれなりに話をするようになりました。
その頃からです。
彼のことをいいなと思うようになり、もっと様々な話をしてみたいと思うようになったのは。
その過程においては、‘早く‘という気持ちがあったのも確かです。
何となくでも恋愛感情を抱けば、もっとという気持ちが芽生えても不思議はありませんから。
ただ、その時の私は少し焦っていました。
どうして、恋愛感情を抱くと先を急ぐ気持ちが芽生えてしまうのでしょう。
その事で、空回りをしてしまったり
本当に伝えたいことを上手く伝えられなかったりと
どう足掻いても相手の気持ちあってのことですよね。
「答えを焦ってはいけない」と心に強く戒めました。
それが結果として良いものを招いたのかもしれません。
人よりは少し遅いのかもしれませんが
私たちの関係は順調に進み、交際するに至りました。

最新のお知らせ

過去のお知らせ

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    お知らせ

    ここはバナー領域です

    Copyright© 2010 自宅で高収入をゲットできる副業 All Rights Reserved.