仕様が無く

「彼ってどこか、だらしないトコロがない?」
「○○(私)のように、几帳面な性格とは合わないのでは?」
そう、彼との関係を進展させたいと考えていた私は友達に相談をしていました。
何でもハッキリという女友達でしたので、先のように言われてしまったのです(苦笑)
確かに、彼は全てにおいて・・・というわけではありませんが
若干、だらしない部分がありました。
彼は毎朝、電話を掛けないとどんなに大切な仕事が入っていても起きられる人ではありませんでしたし
私が起こすとなっても1時間以上の時間がかかってしまうこともありました。
夜に関してもそうです。
大切な話をしていてもどこか気もそぞろという事だってありました。
これに関しては、会話をすることを大切だと考えていた私とは
決定的な違いになっていました。
何度も苛立つ気持ちにもなりましたし
「基本的なサイクルやスタンスが違うのだから、2人がこうしてお付き合いをしていても
上手く行かないのではないか?」
という気持ちにもなったのですが、結果から言うと私は彼と寄り添い続けています。
それは、どんなことがあっても「仕様が無く好き」という気持ちが全ての力になっているからです。
もちろん、注意すべきところはハッキリと伝えるようにしていますが
やはり私は「それでも彼が好き」のままです。

最新のお知らせ

過去のお知らせ

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    お知らせ

    ここはバナー領域です

    Copyright© 2010 自宅で高収入をゲットできる副業 All Rights Reserved.