自由

「今日の夜は、比較的早く帰れそうなんだ、明日は休みだし夜のドライブにでも行かない?」
と、彼から電話がかかってきました。
早いといってももう21時が周っており、私はもう「寝るだけ」の状態だったのですが
彼のそんなお誘いをうけて
急いでお化粧をしました。
「そこまでちゃんとすることなんて無かったのに」
と笑いながら彼はやってきました。
そして、2人は車に乗り込み
「どこに行こうか?」
「あえて決めずに車を流してみても良いかもね」
なんて話をしながら車は進みます。
「どこかに行くためのツール」ではある車ですが
こうして、夜の町並みを眺めながら
何を決めるわけでもなく車を走らせるという行為そのものが
「好きなだけの自由が2人の手の中にある!」
という気持ちにさせてくれるのです。
それはまず、平日では味わえない感情ですよね。
そんな自由を感じられる瞬間を彼と一緒に過ごせることが
私にとっては何よりもの自由なのです。
「俺は計画性が全くないからなあ」
と笑いながらも、楽しそうに運転をする彼の横顔を見るのが好きです。
こんな風な2人のスタンスは全く変ることはないでしょう。
そして、彼から先のようなお誘いなどが来た時、思う存分
「彼との自由」を楽しめる私の心でありたいとおもっています。

最新のお知らせ

過去のお知らせ

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    お知らせ

    ここはバナー領域です

    Copyright© 2010 自宅で高収入をゲットできる副業 All Rights Reserved.